相模原市と愛川町|宮ケ瀬ダムとあいかわ公園 お土産は里芋 家で里芋鍋

 自然の宝庫です

宮ケ瀬ダムは相模原市 愛川町 清川村にまたがるダムです。クリスマスツリーのイルミネーション等も綺麗だという事です。(※ツリーイルミネーションの場所はこの鳥居原からちょっと離れているところでレストランや料理屋、旅館がある地域です)行った人の話だと「綺麗だけど車がね渋滞で」残念ながら私は渋滞が超嫌いなので行きません。

今日のお土産は田舎、家で里芋を使った田舎料理セット。と、言ったところで田舎料理の定義は置いておいて(何となくそう思える時)今回のお土産は里芋のみで タケノコ ゼンマイ(水煮です) 絹揚げ 豚バラはスーパーです。今日は土曜日で宮ケ瀬に行った時間帯が遅かったせいか、販売所の野菜はほとんど売り切れ状態で、地鶏の玉子とネギと野菜数点だけでした。で、里芋を買って来て煮物です

こちらは愛川町役場のサイトの文言です、間違ってお伝えするのも何ですのでこちらを載せます→宮ヶ瀬ダムは、東京都心から約50km、横浜や川崎の市街地から約40kmという近さの場所にある、首都圏最大級のダムです。このダムは皆さんの暮らしや安全を守るために、平成13年に神奈川県のほぼ中央を流れる相模川に注ぐ支流のひとつ、中津川に完成しました。 この宮ヶ瀬ダム建設によって生まれた人造湖の宮ヶ瀬湖は、現在、神奈川県に欠かせない水源地となっています。恵まれた自然環境と、東京、横浜から日帰り圏内にあるというロケーションから、自然公園としての機能をもった首都圏近郊の観光スポットとして、年間を通じてたくさんの方々がここを訪れています。


あいかわ公園の宮ケ瀬ダム放流コーナー
宮ケ瀬ダム放流


宮ケ瀬ダム湖畔、

この中に食堂やお土産

そして催事的な部屋も有ります


なかなか上手そうな里芋


作り方は下記のご当地紹介後に書いてます

里芋330円

家に帰って田舎煮的なものを作ってみました


宮ヶ瀬湖は「宮ヶ瀬湖畔エリア」「ダムサイトエリア」「鳥居原エリア」の3つのエリアにわかれています

私が撮った画像はこの中野鳥居原エリアで、農産物の特売やちょっとした食事やお土産が売ってる場所です。駐車場は無料なのでゆっくり散歩しながら時間をつぶせます。

ただ、秋冬の時期は「寒い!」しっかりと防寒対策をして行った方がいいですよ。あいかわ公園はダムの放流がみられますし清川村はジェラート?だったか?(記憶不確か)並んで買ってる人がいたような気がします。

清川村は神奈川で一つだけの村だそうです。相模原には観光的なダムが宮ケ瀬の他に相模湖、津久井湖等もあります。方向的には大きな範囲で言うとみんな同方向なので、ダム巡りも良いかもしれません。


宮ケ瀬ダム

宮ケ瀬ダム



宮ケ瀬ダム

 鳥居原庭園、公園、広場

庭園



庭園内

ふれあい館

 ふれあい館

 野菜等の即売所 

盆栽なんかも売ってます

野菜即売

前に行った時は無かった暖簾

暖簾



野菜売り場




外は

バイクのツーリングの方でいっぱい

ツーリング客


【あいかわ公園】


あいかわ公園。自然の山が公園みたいなところですが、この公園の奥に行くと宮ケ瀬ダムの放流が見られます。日時や時間は決まっていると思いますが、この時は、たまたま行った時にみられました。この公園の周りには服部牧場というのがあり、ここはここで結構人気の場所です。ジェラート、、、アイスクリームも有名です。あ~ あとパン屋さん、、丹沢パンだったと思いますが、ここは確かアンパンが有名になったのが人気の始まりだったようですが、あいかわ公園の入り口に工場と販売部があり駐車場には警備員がいるくらい忙しいようです(休日)

あいかわ公園

あいかわ公園

 真ん中にある芝生部分も

公園の一部、、、

休日には家族連れで

お弁当を食べてる人も多いです

あいかわ公園

公園内に宮ケ瀬ダム

宮ケ瀬ダム放流



宮ケ瀬ダム放流