八王子市|慈眼寺 白華が開くという霊夢で白花山 

夢に出てきた山号名

八王子市の慈眼寺さん 曹洞宗 山号は白花山
ここは八王子市の片倉にあるお寺さんで慈眼寺さん。山門の前に石碑が有りそこに「武相卯歳観音霊場」とありました。またまた私にとっては新しい派閥?( ´艸`)調べてみると、武相卯歳観音霊場の始まりは宝暦9年(1759)ととんでもなく古かった。それでどんなお寺さんがと思い見てみると、私が行ったお寺さんも数多く、宗派は関係なくいろいろなお寺さんが入ってるようです。お寺さんの場所も東京だけではなく神奈川の大和市や相模原等々かなり広い範囲で成り立ってるようです。で、、この慈眼寺さんの由緒はお寺さんのホームページからです。曹洞宗・白華山(はくかさん)慈眼寺は今から570年あまり前、室町時代の文安2年(1445年)に心安守公和尚により開山されました。白華山慈眼寺の名は「晋山上堂の夜、白華庭前に開くと夢む」訳:晋山式(新しい住職が正式に寺に入る儀式)の夜、庭に白華が開くという霊夢を見た。という謂われより山号を白華山とする。また、法華経大25品「観世音菩薩普門品」中の「具一切功徳慈眼市視衆生」の深意をとって慈眼寺とした。との事です。

八王子市慈眼寺



八王子市慈眼寺

 武相卯歳観音霊場

武相卯歳観音霊場

 山門アップ

山門アップ

 仁王様

仁王様



仁王様

 本堂

本堂

 本堂アップ

本堂アップ

 境内

境内

 お地蔵様

お地蔵様



お地蔵様