川崎市|地蔵様が面白い 西光寺 

川崎市| 別々の方角を見ている六地蔵様が可愛い

曹洞宗 山号は雲長山
前回に引き続き隣接神奈川の川崎市、麻生区の西光寺さん 曹洞宗のお寺さんです。鶴川街道を走っていると大きな看板に「曹洞宗 西光寺」さんの文字を発見。ちょっと寄らせて頂きました。道路側から見た時には後方に大きな観音様があることに気が付きませんでした。近づいてみたところ墓地内にあるのでちょっと遠慮(ずうずうしい私ですが、さすがに墓の中までは行けない)させて頂き下の道から一枚。由緒的には1400年室町時代に開創と書かれております。ここでおもわず笑ってしまったのが、地蔵様6体がみんな別々の方角を見ているのです。何とも可愛い感じです。あまり見たことがない気がします。こちらはお寺さんの公式サイトで掲載されているお寺さんの由緒です⇒ご本尊は釈迦牟尼佛。脇侍に薬師如来、地蔵菩薩を祀り、御開山は孤岩伊俊大和尚。近年の開発による遺跡調査で、旧本堂跡地の北側より、黒川宮添遺跡と呼ばれる遺跡が発掘され、平安期の地層より寺の文字が入った土器が出土しました。これにより寺の歴史は更にさかのぼる事となりました。少なくとも約600年に渡る法澄を、檀家の皆様を中心に支えられ、その教えを今に伝えております。との事です

別々の方向を見ているお地蔵様

何か可愛い感じします

麻生区の西光寺 お地蔵様

道路正面に本堂

麻生区の西光寺 正面より

とても生活感がある本堂です

麻生区の西光寺 本堂

大観音様に向かう道

麻生区の西光寺 境内



境内石仏

目立つ大きな看板、

この日は天気も良く青空が引き立ちます

麻生区の西光寺 観音様

隣接する不動殿

 麻生区の西光寺 不動堂



不動堂