番外編|芸術? 多摩地域の素敵なマンホール

 このページは、一か所の散歩ページではありませんが、あ、っと思った面白いマンホールを集めてこのページに掲載していきたいと思います

下を見てりゃ面白いものも有りますね、金でも落ちてりゃもっと楽しいのですが・・・

今のところ一度もございません・・・

-------------------------

昭島市 クジラのマンホール

 昭島市 クジラのマンホール

こちらのマンホールはこの時のものです


多摩市 キティちゃんのマンホール 多摩中央公園白山神社近く

 キティちゃんのマンホール

こちらのマンホールはこの時のものです


小金井市 綺麗な歌舞伎絵のマンホール

 武蔵小金井駅近く 綺麗なマンホール

こちらのマンホールはこの時のものです


多摩市 キティちゃんのマンホール 多摩センター駅近く

 キティちゃんマンホール

こちらのマンホールはこの時のものです


武蔵野市|真夜中の吉祥寺 プチロード

武蔵野市 吉祥寺

こちらのマンホールはこの時のものです


----------------------------------


---------------------------------


----------------------------------

府中市|稲城大橋の夜・・演歌の題名第二弾?( ´艸`)

 今回は多摩センターと稲城市の若葉台、そして府中市の甲州街道に行くために通った稲城大橋の事を書きます

稲城大橋は北多摩と南多摩をつなぐ橋の一つで稲城市と府中市にかかる橋です、だいぶ前に載せた多摩川の夜は調布市と稲城市にかかる橋の河川敷、

概要はこんな感じです(<(_ _)> ウィキペディアさん)1995年(平成7年)4月14日供用開始し、東京都道路公社が建設及びその後の管理をしていた。自動車専用道路ではないので、125cc以下のオートバイ(原付一種、原付二種)も通行可能であり、橋上には歩行者や自転車も通行できる歩道が設けられている。2010年に無料開放との事です

この稲城大橋は以前は有料で現在は無料です。この橋は原チャリでも渡れますが、府中側の出口は中央高速の入り口が隣り合わせです・・・まあ間違ってはいる人もわざと入る人もいないでしょうが、走行ラインをそのまままっすぐ行くと笑えません。

個人的に稲城大橋はあまり使うことがないのですが、八王子バイパスは有料の時は下の国道16号がいつも渋滞って感じですが、バイパスが無料になった事で一般道はかなり交通量が減りました。たぶん稲城大橋も有料の時は近隣の橋は渋滞していたと思います(今も渋滞してますが・・・)

他にも道路一本出来て変わったところ・・・高尾山前の国道20号(通称甲州街道)、以前は山梨方面からくる車が高速道路を使わなず八王子市内や町田、相模原方面に行くときは必ず通る道ですごい怖い道路の一つでした。大型がすごいスピードで走り回っていたのですが、高尾山の料金所から八王子医療センターまでのトンネルができて高尾山口の前の交通量は見てわかるくらい減りました。

で、この稲城大橋、上にも書きましたが中央高速に繋がってますが、歩道橋がその横にあり料金所の横を歩いているような不思議な風景です。


稲城大橋の夜・・・

稲城大橋の夜

こちらは府中側です

府中側の交差点

この歩道橋は車両道と並行して対岸までつながってます

左が中央高速道路の入り口です

歩道橋

稲城インター入り口

普通に車が通れるくらいの歩道橋です

右側の連なってる街灯は中央高速道路です

歩道橋

稲城大橋の夜・・

私の腕とメールと電話通話に特化したスマホでは限界・・・

稲城大橋、府中側から



----------------------------------


---------------------------------


----------------------------------

武蔵野市|こんな所にお寺の山門? 吉祥寺の商店街ど真ん中 曹洞宗 月窓寺

 ちょっと前に吉祥寺っておしゃれな街だな~ こんなテナントビルに公共の美術館があるなんてと言うのを載せましたが、前回は気が付かなかったのですが、お寺の山門が商店街のど真ん中にありました。

あまりにも周りの風景(商店街)とマッチしていて違和感なしです。

新型がコロナが始まってお寺さんには行ってません(お寺さんが迷惑そうなので)。今回も外観だけですが、地元ではとても有名なお寺さんだそうで、吉祥寺の四軒寺と呼ばれるお寺さんの一つだそうです。

そのお寺さんは、安養寺・光専寺・蓮乗寺・月窓寺。安養寺さんは多摩八十八霊場巡りで行ったことが有ります。多摩八十八霊場の一番札所です。すぐ近くにあります。このまえ載せた深夜の武蔵野八幡宮さんの並びです。

下記は個々の商店街、サンロードさんからです(文言を変えずにそのまま掲載させて頂きます)

今からおよそ370年前(万治2年ー1659)、吉祥寺村の開村とともに、洞巌龍雲大和尚によって開創されました。戦後の荒廃の中から、昭和31年には本堂・観音堂・庫裡の再建大修理を完工しました。月窓寺の宗旨は曹洞系単立(禅宗)で、釈迦牟尼仏より代々の祖師方が相承されてきた仏法(おしえ)です。観音堂には武蔵野市指定有形文化財に指定されている「白衣観音座像」が安置されており、毎年8月初旬に御開帳されます。と紹介されてます


商店街の真ん中に山門(商店街側の山門)

曹洞宗 月窓寺

これは前に載せたのですがサンロード、今夏な感じです

吉祥寺 サンロード商店街

ここの先に・・・

吉祥寺 サンロード商店街

山門!

曹洞宗 月窓寺

山門の先はまだ商店街が続きます

曹洞宗 月窓寺

前回からここが武蔵野私立の美術館・・・通りは違いますが吉祥寺の商店街

武蔵野市立美術館



----------------------------------


---------------------------------


----------------------------------

稲城市|公園のトイレが変身・・くじら橋も映えて良い感じ 稲城中央公園

 くじら橋、実は世界的に有名なデザインだったということで前に載せたのですが、今回はその前にあったトイレがなんとコーヒー&ベーカリーショップに変身していて(@_@)

いつ頃できたのか全く気が付きませんでした。もっとも通る時間帯が夜中か超早朝でまだ暗いことが多いので、トイレにでも行く用があれば気が付いたのでしょうが・・・今回はトイレに行きました。尾根幹線は通るときはよく使うのですが、ちょい方向が違うと甲州街道か多摩川の河川横の道路を使うことが多い

( ´艸`)

で、これができていたショップです coffee & croissant と、書いております、コーヒーとクロワッサンのお店らしいです。

下記は市のサイトの公園紹介です、変に取ってつけたように文言を変えずにそのままご紹介いたします

稲城市のほぼ中心に位置し、総合グラウンド、稲城市総合体育館、野球場等の運動施設やくじら橋があります。また、武蔵野の自然林が残され、自然林の中に散策路があり市民の散歩や健康作りに利用されています。公園の東側には、震災時等に利用できる耐震性貯水槽があり、井戸から汲み上げた地下水が100トン貯水されています。その水は毎日少しずつ入れ替えています。入れ替えにより排出された水は公園の下にある池の大切な水源となっています。との事です



coffee & croissant

ちょい昔のなごり・・・

トイレ

横に伸びているのがくじら橋

確かにクジラに見えないこともないです

店とクジラ橋

ちょい角度を変えて


前の投稿画像です、「くじら橋」

この部分は前の投稿からのウィキペディアさんの文言ですが、

橋の断面はシャープな曲線の舟底の形をしており、

桁高や幅員が3次元的に変化する世界的にもユニークな橋となっている、です

稲城市 くじら橋

なんとこんなものまで新設

自転車

それより驚いたのはこちら・・・

胸に書いてある文字は INAGI CITY

稲城市のキャラクターですかね?たぶん・・・


今日は稲城中央公園の変身したトイレの話しでした

稲城中央公園



----------------------------------


---------------------------------


----------------------------------

番外編|立派な桜の木に巻かれたテープ 剪定か伐採?・・・

 今回はどこと言う場所に関係ないことなので地域無しの番外編です。

よく見かける道路に面している樹木の剪定(せんてい)があります。この剪定とは・・樹木の枝を切り、形を整えたり、風通しを良くする事。庭木の手入れとして行われる。見た目を美しくするのみでなく、養分を効率よく利用させて生長を促進したり、病害虫の繁殖を予防する効果がある(<(_ _)>ウィキペディアさん)

何回か前のページに載せた公園の入り口に大きな桜の木があり、今年も綺麗な桜を見させていただきました。が、前回気が付かなかったのですが、木にテープが巻きつけられてました。このテープの意図するところは伐採か剪定だと思うのですが、伐採となるとちょっと悲しいところがあります。

まあ目の前が道路で大型バスも通るので安全ということで言えば当然だと思うのですが・・それはしょうがないです。わかってます、今回が伐採にならないための剪定ならそれはありがたいことですが、ここは私の感情だけの話しですが、景観ゆえの植樹だったらあまりにも身勝手なような気がして・・・木が大きくなる!こうなる事って最初から分かってると思うのですが・・・しつこいようですが剪定なら話は別ですよ。たぶんですがこの木は伐採ではなく剪定だと思いますが・・・

前に府中市の分倍河原駅(京王線側)の近く、仕事で毎日通っていた鎌倉街道沿いの立派な木が伐採、根元から切られていくのをリアルタイムで見て爺ながらちょい悲しくなりました

特別な環境愛護の気持ちは持ってませんが妙に悲しい気持ちになったことを思い出しました



こちらは甲州街道沿いの樹木

一番手前の木は剪定になった木です

甲州街道

ちょっと?ですが綺麗になってます

よく見かける髪のカットのよう

剪定済みの木

こちらは3年くらい前に切られた桜の木です

とてもきれいな桜でした・・・

もう月日がたったのと雨だったのでこんな感じですが

切ったばかりの時は木そのもの、生きている色でした

この木は交差点の角にあり車両通行の妨げだったと思いますが

・・・上にも書きましたが、何十年後にはこうなることは分からないかな?

って無知な私は思って・・・。もともと自然にあった木ならしょうがないのですが、

そこから一直線に並んでる並木なので

人間が意図して植樹したのだと思います

もしかしたら害虫等で腐って倒木の可能性も有り危険?

専門的な根拠意味等あるかもしれませんね、

私が間違っていたらお許しください <(_ _)>

ってことでまたどこかへ行きます

伐採された桜

----------------------------------


---------------------------------


----------------------------------

武蔵野市|こんな所に公共の美術館!・・・おしゃれな街 吉祥寺

 ここは歩いていて看板が目に入って、ん??美術館?よく見てみると武蔵野市立美術館とあります。

どうみても周りはファッション系のお店が並ぶテナントビル。その一角に何とも馴染んでいる美術館の看板です。画廊ならわかるのですが、公共の美術館が商店街にあるのは見た事無いです

ただ、後になって見るとその入り口が美術館のメインの入り口なのか、ビルに入ってる数あるテナント全体の入り口なのかよくわかりません。

一応マップとストリートビューで調べたのですが・・・わかりませんでした

入り口の看板にはカレーのイベントか何かがあるようで案内がありました。この辺もいかにも商店街にある美術館?って感じです

下記の部分は美術館公式サイトの紹介です。言葉を変えずにそのまま掲載させて頂きます

武蔵野市立吉祥寺美術館は2002年2月、日常生活と文化・芸術を結び親しむ場として、 多くの人々で賑わう吉祥寺の街中に開館しました。 収蔵作品は、野田九浦の日本画をはじめ、油彩、版画、写真など約2500点にのぼります。 「企画展示室」では、これら収蔵品の紹介のほか多様なジャンルの表現を紹介する各種企画展を開催、 また市民の創作発表の場「市民ギャラリー」としてもご利用いただいています。 「浜口陽三記念室」「萩原英雄記念室」では、両作家の版画作品や関連資料を常時展示・紹介しています。 講演会やワークショップなどの教育普及活動にも力を注ぎ、施設規模は小さくとも、“観る・創る・育てる”をモットーとしてた美術館活動をめざしています。との事でございます



武蔵野市立美術館

メインの入り口かどうかわかりません。美術館サイトに載ってる画像はちょっと違う感じで・・・メインエントランスは他にあるのかもしれません

武蔵野市立美術館

で、私が見た入り口は、この通りです


対面、お隣はファッション系のお店

テナント

テナント

美術館の話し、入り口に案内にある、野田九浦展ですが、この部分もご紹介と言うことで文言変えずに公式サイトからそのままご紹介します・・・野田九浦(のだ・きゅうほ 1879-1971)は武蔵野市ゆかりの日本画家です。幼少期から絵画に秀でた九浦は、10代半ばで日本画家の寺崎廣業(1866-1919)に入門、その後東京美術学校に進学します。同校中退後は日本美術院で研鑽を積むかたわら、正岡子規(1867-1902)に俳句を学び、白馬会洋画研究所に通ってデッサンの指導をうけたほか、フランス語など語学の習得にも励みました。とあります


野田九浦

この看板も入り口にあったのですが、美術館とは関係ない?

美術館はこのビルの7F カレーは3Fとあります・・・

また、どこか歩きます。暇~~な時、寄ってください

カレー看板


----------------------------------


---------------------------------


----------------------------------

八王子市|信じられない自然環境!多摩ニュータウン長池公園

 多摩ニュータウンには「エッ!」という大きな公園や綺麗な公園がありますが、ここはちょい規模が違う公園です。長池見付という橋と後ろのマンションを見ると観光地のホテルのような感じに見えます、池の横には結婚式場も有るし・・・

公園内の駐車場は無料!親切です。この長池の横の築池という池は人工の池と言うことですが、こちらの芝生ではレジャーシートやキャンプ用のテーブルを広げて楽しんでいる方も見かけます・ちょい前は、コロナ規制で禁止と書いていたような気もしたのですが、今は?確認していないのですがなかった気もします。

こちらは八王子市のホームページからです、変に言葉を変えずにそのまま掲載させていただきます⇒市の東部(由木地域)、別所地区に位置する自然保全型公園です。公園北側には広々とした芝生広場と長池見附橋、人工の姿池とが織りなす雄大な景観が広がります。一方でその奥には、長池・築池の2つの溜池と広大な雑木林、田んぼといった里山の環境が保全されています。約800種もの植物が生育し、早春のカタクリからヤマザクラやマメザクラなど桜の花リレー、夏には市の花ヤマユリや希少種のサワギキョウなど、四季折々の自然を楽しむことが出来ます。との事です

前に行った別所の薬師堂、この長池の浄瑠璃伝説から始まります、浄瑠璃伝説の詳しいことはここには書きませんが、戦国時代の男と女のせつない話から女性が身を投げたという池が長池伝説で、祀ったのが別所薬師堂です、


長池見付橋

ここが浄瑠璃伝説碑 長池

浄瑠璃伝説碑

伝説が書いてあります。

画像サイズを変えていないのでクリックで大表示になります

この分に書いてある薬師堂が 前に行った時のページ です

浄瑠璃伝説

池自体の画像ですが、ちょっと光の関係でダメです

何が何だか・・・葉が見えるだけの画像になってしまって

<(_ _)>

そこから築池までは里山道って感じが続きます

里山



これが築池です

築池


途中途中にガイドっぽい案内も有ります

案内板

野鳥の案内も有ります

野鳥案内板


この自然の周りが住宅街とは思えません

周辺のマンション

周辺のマンション

駐車所入り口 無料 ここには公園事務所があり

トイレや休憩、他スペースがあります

駐車場入り口


----------------------------------


---------------------------------


----------------------------------

三鷹市|横になって空を見ると星が綺麗だと思う・・・三鷹中央防災公園

 日中はとても交通量の多い道路で「東八道路」その道路沿いにあるのがこの三鷹中央防災公園です。

昼に何度か通ったことがあるのですが、どちらかというと小さな広場がある公園かなくらいしか思いませんでしたが、夜になってみてみると静かでなかなかしい感じの公園です

印象的なのが、フットライト?足元ライト・・・呼び名はわかりませんが普通にある街灯的なものは無く、すべて下からの照明だけで明かりを取り入れてます

有りそうですが、あまり見たことがない気がします。

周りが暗くて静かで・・・寝て空を見ると星が綺麗だと思います。

三鷹市のサイトにはこんな感じで紹介されてます(そのまま書きます)・・三鷹中央防災公園は、広さ3,300㎡の開放的な日本無線 中央広場のほか、西広場(約900㎡)と東広場(1,400㎡)があります。

四季折々の木々や花々、鳥類やチョウ類などの多様な生物の生息や中継地となりうる樹木を植栽し、緑豊かな空間とすることで、市の中心拠点である市民センターから丸池の里、仙川下流までつながる緑と水の連続空間を形成していきます。写真撮影や各種催し等への貸し出しも可能です。との事でございます

公園中央には大きな広場があり、その横の建物(元気創造プラザ)では、イベントや教室等も行われているとあります


こんな感じで、歩く部分が照らされてます

三鷹中央防災公園

外周をちょい離れて見ると・・・

三鷹中央防災公園

アップするとこんな館です

三鷹中央防災公園

これは?ほとんど分かりませんが、

中央に小さな広場があります。

小さな広場の周りを囲むように円に愛とが設置です

三鷹中央防災公園

東八道路側の出入り口です

東八道路側の入り口


----------------------------------


---------------------------------


----------------------------------