多摩市|諏訪神社 台風除けの神様

賽銭投入口

多摩ニュータウンの中にある諏訪神社さん。マップを見ながら団地の中を探していると「私有地」の看板。団地内の道なのでわからないわけでもないと思いつつ走っていると右ってに神社らしき建物を発見。しかし柵があって通れない。どうやら手前の道を入って行く感じです。いったんちょっと広い道に出て戻り交差点を左折、左手正面に神社がありました。私は神社でお弁当(コンビニで買う場合が多い)をのんびり食べるのが好きなのですが、大きな神社やお寺さんの場合は比較的隣の民家と離れているか木々等でしきられたりしてのんびりできるのですが、住宅がどんどん建ってる地域では鳥居の横まで住宅があり、お弁当を食べるどころか、なかなか写真さえ撮れない場合が多いです。この諏訪神社さんは団地や戸建てが有る地域にしては比較的境内も広いのでお弁当はOKです( ´艸`)
由緒的には、創建年代不詳としながら大石信濃守顕重が長野県諏訪大社を奉斎したものとの伝承があるとあります。また、多摩ニュータウンの造成に伴い昭和51年に今のコンクリート建てにした、そして台風除けの守護神として崇敬しているとあります(東京都神社名鑑)

一番印象に残ってるのは「さい銭投入口」 もう少し何か情緒的な表現はないかなと思ったりしましたが、どうでも良いと言えばどうでも良いですね。小銭ですが投入して拝んでまいりました、

本殿 賽銭投入口

鳥居と社殿

鳥居と社殿

 この造り、何ヶ所か見たことがあります。

社殿

社殿

 アップ

社殿アップ

御神木?かどうかわかりませんが、境内の中に一本大きな木が有ります。一般的に見る御神木とはちょっと違うような感じ、イルミネーションでも飾ったら綺麗な感じです


マップ 黒番号98番