多摩八十八霊場 85番札所 安養寺

真言宗智山派 山号は田村山 本尊は阿弥陀如来。多摩八十八霊場85番札所。ここは万願寺の安養寺さん 万願寺ってお寺があるのかと思ったら地名のようです。(間違っていたら多摩モノレールの駅名でもある万願寺の近くにあるのがこの安養寺さんです。多摩八十八霊場85番札所 になってます。すぐ隣が公園になっていて子供がいっぱい遊んでます。すぐ横は日野バイパス、なかなか便利な道路です。このバイパスができるまでは、府中や調布方面⇔八王子方面はいつも大渋滞、お寺とは関係ありませんが( ´艸`) このお寺さんの由緒的な事は、日野市の文献より⇒田村山極楽院と号し真言宗智山派高幡金剛寺末であった。本尊は阿弥陀如来、開山・開基は明らかでないがこのあたりに居館を構えた西党由井宗弘の直系田村氏の開基によるものではないかといわれている。との事です。で、お寺を廻ってると市の文化財的な指定がけっこうあります。このお寺さんも木造毘沙門天立像は日野市有形文化財に指定です、このお寺さんに限らず〇〇像は普段は見られないですが、山門や本堂の彫刻等を見ているだけでも結構楽しいものです、が、私には〇〇像を見ても価値はわからないけどガラス越しに少しくらい見せてくれたって( ´艸`)お寺さんのサイトには⇒田村安栖は小田原城の御殿医で、小田原北条氏最期の場面に小田原の自邸を提供し、氏政、氏照兄弟が切腹場に当てた(1590年・天正18年7月11日)ことは「北条五代記」(小田原記)に詳しく書かれています。今でも小田原市の中央部に「安栖小路」の名が残っています。とあります(ラベルの武将名に使いたくてこの一文を載せさせて頂きました)

山門

山門

アップ

山門アップ


山門入ります

山門入る

本堂

本堂

境内石仏

境内石仏

境内石仏